インプラント|熊本市中央区帯山で歯科・歯医者をお探しの方はしょうはら歯科口腔機能クリニックまで

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
在宅療養支援歯科診療所1
〒862-0924
熊本県熊本市中央区帯山3丁目7-33

096-381-3888

Fax:096-381-3883

web予約

診療時間日祝
8:30~12:30
13:30~17:30

■訪問診療または口腔外科手術 休診/日曜・祝日
※土曜日午前中を外来診療日とする事があります

クレジットカード決済・電子決済がご利用いただけます。

インプラントImplant

インプラント治療で食事や会話を快適に

第二の永久歯、インプラントでよく噛めてしゃべりやすいお口に

熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

当院では歯を失った患者様のために、インプラント治療を行っております。 歯科用3DCTを導入することで、外からは見えない歯や骨の状態、血液や神経の位置を確認し、精度の高い治療を心がけております。何歳になってもよく噛み会話を楽しみたい方におすすめの治療方法です。

インプラント治療とは?

熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

歯を失ったまま放置しておくと、歯がなくなった歯肉に向かってまわりの歯が移動して歯並びが悪くなっていきます。そのため、噛み合わせが悪くなってしっかりと噛めなくなったり、噛み合わせができない歯が伸びていってしまいます。また、歯がなくなると顎の骨が徐々に衰えていくため、見た目も老けていってしまいます。
失った歯を補ってしっかりと噛めるようにすることで、お口の筋力を維持し、誤飲を防ぐことができます。また、噛むことは脳に刺激を与えるため、認知症予防にも効果的だと言われています。
当院では、失った歯を補う治療方法としてインプラント治療をおすすめしています。
インプラント治療では、失った歯があった顎の骨に人工歯根を植え込んでから、人工の歯を取りつけます。顎の骨に固定されるため、グラつくことなくしっかりと噛んだり快適に会話をすることができます。

インプラントで残っている歯を守る

熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

歯を失った時の治療方法は、インプラント以外にもブリッジもあります。
ブリッジは、失った歯のまわりにある歯を削って取りつけます。そのため、健康な歯も削ることになってしまいます。
まわりの歯は削られて噛む力がかかるようになるため、弱くなり、割れたり虫歯になりやすくなります。まわりの歯にトラブルが起きれば、ブリッジを支えられなくなり、部分入れ歯を入れることになります。
部分入れ歯によってさらにまわりの歯に負担をかけるようになると、さらにそのまわりの歯も傷めやすくなっていきます。こうして健康な歯が損なわれ続けていくうちに、将来的には総入れ歯になるリスクが高まるのです。
インプラント治療では、まわりの歯を削ったり負担をかけることがありません。残っている健康な歯を守るためにも、インプラント治療は効果的です。

しょうはら歯科口腔機能クリニックのインプラント治療の特徴

高水準の機器を活用したお口の健康を長持ちさせるための治療

熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

しょうはら歯科口腔機能クリニックでは、徹底した衛生管理のもと、患者様お一人お一人のお口の健康を長持ちさせるための治療を目指しています。
治療のための機器は患者様ごとにしっかりと滅菌し、徹底した院内感染の予防に取り組んでいます。歯科用3DCTを導入することで、より的確で質の高いインプラント手術を心がけております。
治療前には今のお口の状態や今後の治療内容について、写真などをお見せしながら丁寧に説明いたします。
インプラント治療に不安をお持ちの方もぜひ当院にお任せください。

3Dシミュレーションに従った安全性の高い埋入手術

熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

当院ではより精度の高いインプラント手術を行うために、適切な診査・診断に取り組むとともに、治療のシミュレーションを行っております。
まずは歯科用3DCTによって、3次元の立体画像で歯や顎の状態を撮影・確認いたします。その後、患者様の画像データを元に、手術のための3Dシミュレーションを実施しております。シミュレーションに沿って手術を行うことで、安全性に配慮した適切な手術へとつなげております。
なお、シミュレーションの結果は患者様にも説明とともにお見せし、治療方針にご納得いただいた上で手術に進みます。どうぞお気軽にご相談ください。

サージカルガイドシステムを用いたインプラント手術

熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

歯科用3DCTの画像と口腔内スキャナーで取り込んだデジタルデータをもとに、サージカルガイドという手術用マウスピースを作製します。
サージカルガイドを装着してインプラント手術を行い、手術前の3Dシミュレーションでのインプラントの位置を再現します。
より正確で安全性の高いインプラント手術を行う事が可能になります。

世界でも高い評価のストローマンのインプラントを採用

  • ストローマン

    熊本市中央区帯山・しょうはら歯科口腔機能クリニック

    ストローマン社はスイスが誇る世界最大のデンタルインプラントメーカーで、長期の治療成績でその製品の高い品質と信頼性が認められています。
    当院はストローマン社の公認のパートナー契約を結んでいます。

当院では患者様お一人お一人に合わせて、この2種類のインプラント製品を使用しております。

インプラントの治療費

(税抜)

診断料 20,000円
埋入手術 230,000円
骨増生 60,000円
ソケットリフト 50,000円
静脈内鎮静法 50,000円
上部構造ジルコニア 100,000円
サージカルガイド 50,000円

インプラント治療のリスク・副作用

  • インプラント治療は、保険適用外の治療です。
  • 患者様の全身状態、持病によってはインプラント治療に適さない場合があります。治療前に綿密な全身状態の把握を行ないますので、お体の状況について詳細な問診を実施します。必要に応じて、かかりつけ医療機関に情報提供を求める場合があります。
  • インプラント治療は、あごの骨に侵襲を加える外科手術です。術前にCT撮影などで十分な診査を行ないますが、手術中に神経や血管などに傷害を加えてしまいそれに伴う神経症状や出血などを引き起こす場合があります。下あごにインプラントを埋める際に下歯槽神経の損傷により、術後の下唇のしびれが出て、内服薬の投与で経過をみる場合があります。上あごにインプラントを埋める際に上顎洞(副鼻腔)を破ることがあり、術後に蓄膿症になる場合があり、内服薬の投与で経過をみたり、インプラントを撤去することがあります。
  • 他の外科手術と同様に、インプラント手術直後は、痛み・腫れ・出血などがありますが、大半は1週間程度でおさまります。
  • インプラント治療は、あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込みます。インプラントが骨に接着するまでに約3カ月~6カ月の治癒期間を要します。インプラントと骨の接着は、患者様の全身状態や持病によって影響を受け、接着が不十分な場合はインプラントの撤去を行なう場合もあります。
  • インプラント治療後は、定期検診とメインテナンスを継続する必要があります。インプラントは人工物であるためむし歯にはなりませんが、メインテナンスを怠ると周りの歯茎が歯周病になりインプラント周囲炎を引き起こすことがあります。

ページトップへ